Coyote vs Loadbalancer

The Blog for the Rest of Us

Aruba AP-207でridiculously expensiveなコンソールケーブルを買わずに設定がしたい

自分用の備忘録。

ArubaのAP-207(と特定の機種)ではコンソールポートがRJ45ではなく、特殊なポートになっている。そして純正品のコンソールケーブルが異常なほど高い。

AP-CBL-SER RAP-3 SERIAL CABLE

AP-CBL-SER RAP-3 SERIAL CABLE

フォーラムを探すと普通のTTL-RS232 or TTL-USBのアダプタを使えば行けるという情報がある。

community.arubanetworks.com

ピンアサイン情報もあるので大変便利。

ただ、見づらいので自分用に画像を置いておく。

f:id:tw1sm1k0:20181213004001p:plain

f:id:tw1sm1k0:20181213004029p:plain

コンソールポートの上下に各々サイズ(横幅)が違う突起があるが、短い方を下にしたとき、左から順にGND、RX、TXだ。


ここで、まだ検証していないがCP210X系のチップが載ったものだとエラーが出るらしい?初期不良なのかもしれないが、確かに自分の場合も出た。

community.arubanetworks.com

Device nand0 not found!
Error initializing mtdparts!
Error, no UBI device/partition selected!

しかし、エラー的にはNANDがないというエラーなので、果たしてコンソールケーブルが関係するのか・・・