Coyote vs Loadbalancer

The Blog for the Rest of Us

2019/11/18

本当に小中高の記憶がギャルゲーで上書きされてて、本当にあったのかどうかすら定かではなくなるレベルまで塗り替えることが出来ているなぁと過去パートの舞台が中学のギャルゲーをやりながら思った。

お子さんがいる上司で地方から東京に出てきた人と幼稚園お受験や中学受験などなど、なかなか地方だとない概念を聞くと驚くよねという話をした。どちらがいいのかという話ではないけども、この地域に住む子は基本的にこの幼稚園に行って、そして自動的に学区に沿った小学校に行って、そのまま中学行って、そしてようやく受験で自分で高校を選ぶという流れがまぁ地元にはあった。これに対して、そもそも第一段階から自分/親がどこに行くかを選ぶことが出来るというのは大きな差かなぁと思った。何か秀でていたり、今でこそ理解が広まってきたADHDやOCDの子に対して、理解の乏しい教員と生徒から「変わった変な子」として除け者扱いする学校に半ば強制的に行かされるより、その子にあった場所で学ばせられることはいいことだなと思う。