Coyote vs Loadbalancer

The Blog for the Rest of Us

2019/01/26

引越し先の部屋の契約処理をしたり、ギャルゲーの引き取りに行ったり、何やらのヒアリングシートを書いたり、リモートワークをしたりしてたら1日が終わってしまった。

実際に契約する段になったときに関わってきた不動産屋は基本的に当たりなところが今の頃多くて、不快な思いをすることはない状態。けれども、最初に行った不動産屋の囮物件みたいなやつや内覧のあれそれを体験してなんだか世の中が汚いなぁと思ってしまった。また、引越し業者も普通に荷物を送る場合以外の何やらよくわからないあれそれがあったりして、なんかなーという感じ。たしかに変な人に関わりたくない/物を運びたくないのはわかるけども、不必要に個人情報を求めてきたり、(自分が引っ越そうとしている時期が繁忙期に当たるし、確かにやってもらう内容を考えれば高いなどと言ってはいけないのだろうけれども)Web見積もり時には4万いかないと書いてある割に倍額以上の金額を電話口で提示してきたりと、なかなかつらい。

この地球上に存在する過半数の国は資本主義を採用していて、その国に存在する企業は利潤を追求していく。また需要と供給のバランスを考えれば、供給に対して需要がはるかに上回れば供給側が提示する対価も跳ね上がるとは思う。それを"汚い"というのは違うのかもしれないけれども、やはりそう思ってしまう程度にはまだ自分は子供なのだと思う。ゲームのように誰もが優しい、もしくは汚く見えても本質的には自分のためにあえてそうしているというような"綺麗"な世界はこの現実にはなかったりするんだと思う。

なんだかんだで普段寝る時間よりもかなりオーバーしておきてるので、頭が湧いた文章になったと思う