Coyote vs Loadbalancer

The Blog for the Rest of Us

2018/08/02

自分とは関係ないが、それなりに近いところでギスギスしながら大変なことをしているのを眺めたり、tmuxのステータスバーをカスタマイズしたり、お仕事をしたりした1日であった。
「何かバグとか問題があったら、Issueに書いて貰えますか?」と何十回もお願いしているのに、未だに口頭で思い出したように伝えてくる人をどうしたら良いのだろうか。こちらの忍耐力がなくなるのと相手がIssueに書く行為を覚えるの、どちらが先だろうか。

ここ数日、十数年前に一度読んだダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」をもう一度読んでいた。いろいろと考えさせられるし、やっぱりいい作品だなと思った。読みながら、今年度に入ってから何度かある自分の人間性に関するご提言について改めて考えたことがあったが、ここはパブリックだし、書くにしても微妙な内容なので心の中に留めておきたいと思う。

入試制度のあれこれ
某大学で性別だけを理由に入試点数を一律減点していたというニュースが流れているが、純粋に本人の能力を評価できるようになってほしいなぁと思った。 一律減点したせいで入学できず、もしその学生が入学出来ていたら生まれていたかもしれない新たな術式や発見がなかったことになってしまっていたら勿体無いと思う。ソーシャルセキュリティーナンバー(マイナンバー)などで個人を(少なくとも、政府機関レベルで保証されているレベルで)一意に特定出来る識別子があるわけなので、性別情報等を書かずに、そういったもので入試手続きなどを行えばいいのかなぁとも思う。まぁ、自分が議論してもしょうがない問題なので、またこういったことがないことを祈るばかりだ。