Coyote vs Loadbalancer

The Blog for the Rest of Us

2020/08/14

1週間程度で旅館の飯からnote/5chのIPアドレスVTuberがどうのうだのと様々な方面で日夜勝手に怒るところを見つけては燃やし、多くの人にその怒りを伝播させるSNSは大変だなと思う。わざわざRTする気も起きないが。見えないものをわざわざ見て、開発元に報告する前にそこの合致をとって晒すのも大概な行為ではとも思う。

2020/08/11

ここにあなたが居ないのが淋しいのじゃなくて
ここにあなたが居ないと思う事が淋しい
それが大事 - 大事MANブラザーズバンド

あおかな本編、EXTRA1とやり終えて精神が破滅している。狂ってると外から指差されるほど次元の境界やらの認識を曖昧にしてあおかなの世界に没入して過ごしているので、いざ終わった時にどう生きていけばいいのかわからなくなって精神的に破滅してしまう。そのままあっちの世界で過ごしていたいが、人は一人では生きてはいけないので、わからんちんが多数派を占める社会に順応しなければならない。

2045年に起こると予測されているシンギュラリティによりデジタルツインのような技術が普及することで、ユーザーが任意の世界を作り出し、そこに自己を投影することができるようになるかもしれない。それができれば、あおかなの世界に自分の精神意識を投影でき、この世界で生きる自分もましろちゃんに会えるのではないか。

2020/08/10

あおかなは一気にやりたいので、3日以上の休みがあるときにしかやらないようにしている。なおかつ、その3日にプラス数日の休みで社会復帰に向けたマインドセットが必要になってくるので、そういった休みが取れる日で開けた週にヘビーなイベントがないという観点でやるタイミングを見計らっているので、1年程度おきにしかやってない。今回が3周目というのはそういう理由です。
マイ・フェア・レディの原作となった戯曲を執筆したことで有名なジョージ・バーナード・ショーは、とある国から帰国する際に「明日、私はこの希望の土地を去り、我々の絶望の国へ帰る」と言い残している。自分にとってのあおかなはバーナード・ショーが言うところの「希望の土地」であって、現世は「絶望の国」なのだ。そんな「希望の土地」から「絶望の国」に戻るためにマインドセットが必要なのはしょうがない。