Coyote vs Loadbalancer

The Blog for the Rest of Us

2020/07/16

九州地方では結納を「お茶が入る」と呼ぶ。そしてその「お茶が入る」際には高いお茶と番茶のような安いお茶の二つを用意する。お茶は種を撒いて育て一度は他の畑等に移植できるが、二度は出来ないことから「嫁が居つくように」、ようは昔ながらの観念で言えば「一人の夫に嫁いだのであれば、添い遂げる」というのに繋がることからお茶を贈るそうだ。また、番茶も一度は出せるが二度は出せないことから、同じような理由で好まれる。
一方で、常日頃から飲んでいる番茶を両家で飲めるくらい仲良くしたいという願いや、お茶が貧しい土地でも力強く育つことから困難にも負けず、力強く暮らせるようにという願いも込められている。

2020/07/15

最近、数年間熱中したギャルゲに対してさほど熱意を抱かなくなっている。面白い作品が出ないという業界のせいなのか、それとも歳を食って面白いと思わなくなったという自分のせいなのか。seq2seqがGoogle XでarXivがLeCunしてGANがGeoffrey HintonでImageNetになるくらいになって、永久にあおかなの新しいストーリーが生み出されてくれればそれでいい気がする。

LMFAOのParty Rock Anthemだったり、LMFAO名義ではないピン名義でのRedfooのLet's Get Ridiculousあたりが(いい意味で)頭が悪い割に曲自体は聞いてて楽しいので結構好きなのだけども、Redfooがマイケル・ジャクソンを発掘したベリー・ゴーディの息子ということを知って、そういう能力は遺伝するんだなぁと思いつつ。

2020/07/14

せっかく浅草まで行きやすいところに住んでるので、浅草演芸ホールとかで落語寄席とか行ってみたい。
個人的に好きな春風亭一之輔さんが7月下旬あたりに出るらしいので、このあたり狙ってみようかなぁ。とはいっても、舞台でクラスターが発生したりしてるので、二の足を踏むのも事実だし、難しい。 定席番組紹介

2020/07/13

オンライン英会話を日々続けることが大事なのだろうが、なかなか仕事終わった後にやる気力が出なくて大変だなと思う。まだ有料課金してないのでいいけども、モチベーションというか時間を作るのは大変な気がする。

性格が悪いのは生まれつきなのと、やられたことは長きにわたって恨むタイプなので、地元に残った俺のものを盗む、財布から金を盗む、勝手に使って壊す等々の陰湿な行為をしてきた人たちが、マイルドヤンキーのような地元愛だの絆だの言って生活を送っているのを見て、ほっこりする。おまえが俺にやったそれは犯罪だかんなと永遠と思っている。

2020/07/12

TOEIC speakingを初めて受けてみて、なるほどこういう試験内容なのだなと分かった1日だった。

The Bucket ListがNetflixにあったので久しぶりに見たけども、やはりいい映画だなと思う。大学受験終わった直後あたりに見て、なんとなく自分なりのThe Bucket Listを作ってEvernoteに保存してたはずなのに何故か見つからない。
自分が死ぬ日を知りたい人は4%で、残りの96%は知りたくないという結果があるらしいが、知れた方が終わりがわかる分、今までできなかったことがやりたい放題出来るので自分はその4%かなぁと思いつつ。とはいえ、同じような理由で4%を選んでいたモーガンフリーマン演じるカーターも、いざ余命を宣告されるとそうでもなかったと反応しているのでそんなものかもしれない。

2020/07/11

オンライン英会話をトライアルでやってみたが、なるほど客観的に自分の英語スキルがわかっていよなぁと思った。相手が何を言っているのかはわかるが、それに対する返答が文法めちゃくちゃだったり、単語が出てこなかったりでアウトプットが苦手だなと客観的にわかった。

弱いところがあるからこそ、こういうもので補うのであって、初回から自分が求めるレベルで出来るのであれば使わないということはわかっていつつも、出来てないなぁと謎に落ち込んだりして面倒くさい性格だなぁと思う。会社から英語力を伸ばせだの英語が必要だのを明示的に言われたわけでもないのに自分がやらなきゃなーと思ってやってることで落ち込んでたらキリがない。

五島あたりの流通が(内陸と比べると難はあるにしろ)しっかりしてて、治安が良くて、ご飯がうまい土地でドメスティック向けな仕事をして過ごしたいなぁと思う。とはいっても、思い切りはないので、自分が年取った時の貯蓄を考えると二の足以上を踏むし、具体的に何がやりたいというわけでもなく、今の仕事を辞めてまでという度胸もあるわけではないので、ずるずると言われるがままに部署移動だの子会社出向だの反復横跳びだのをして過ごしていきそうな気はする。