2018/04/28

すっかり書くのを忘れていたので、翌日の午前中にシュッと書いている。なぜか微妙に長続きしているので、このままこの日記らしき何かを継続したいと思う。